貸してもらっている業者を増やせば増やすほど…。

総量規制の対象となるのは、私的にお金を借り入れるという場合です。従いまして、個人事業主として資金を借り入れする場合は、総量規制は適用されません。最近のキャッシングの申込方法には、インターネット申込と無人契約機に出向いて行う申込があります。Webサイトでの申込につきましては、申込から契約完了まで人と対面せずに進めていくことができます。キャッシングの申込方法には、電話を通じて行なうものと郵送を通じて行なうものの2種類がありますが、このところは携帯やPCなどを適宜利用して、ウェブ上で申し込む方法が大半を占めています。消費者金融の場合も30日間にわたって無利息になるサービスがありますが、たかだか当初の一ヶ月だけなので、究極的には低金利がずっと続く銀行が取り扱っているフリーローンが一番です。ローンで適用される総量規制はすべてが対象とされるわけではないのです。たとえば「おまとめローン」に申し込む場合は、総量規制は適用されず、年収の1/3を超過するローンを組むことが可能となっています。初めて借入を申請しようというような人の場合は、一年間の収入の3分の1より多額の借金を申し入れるはずはないでしょうから、はじめから総量規制で頭を抱えるという心配は無用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です